新年、といいましても、すでに1月が過ぎ去ろうとしてます。

今年は暖冬のため、例年よりインフルエンザの流行も軽いように思います。温暖化を手放しで喜ぶことは間違っているのだと思いますが、一部の方にとっては少なくともプラス要因です。特に、当院でも加療をしている、重症の心不全や喘息、肺気腫などの患者さん達にとっては、例年よりはストレスは少なく生活できているかもしれません。

とはいえ、温暖化が進むと、温暖な地域からの感染症が怖くなってきます。

そして、感染症と言えば、新型コロナウィルス。現時点では拡大の一途をたどっています。日本国内でのヒト‐ヒト感染も認められました。この段階で、我々も、いつ感染してもおかしくないのは事実です。ただし、毎日、うがい手洗い、マスク着用でかなりのリスク軽減が図れると思います。いわゆる、一般的なインフルエンザの予防と同じです。慌てず恐れず、が大事だと思います。

 

年始ということもあり、真面目な内容になりました。ちなみに、皆さんは、年始の抱負などございますか。私の今年の目標の一つは、

「頑張って、何とか今年こそ1か月に1度程度は院長日記を更新する!」

です。

達成する自信がすでに無いのが問題ですが、頑張ってみます。