昨日ついに今シーズン当院第1号のインフルエンザ患者さまが出ました。

いよいよ冬本番、といった感じですね。

さて、最近ささやかな面白いことがありました。

なんだと思いますか?

目を凝らすと”五十銭”と書いてあります。

なんと昭和21年ですから、終戦直後のものですね。

今週、突然手元にやってきました。勘のいい方ならわかると思いますが、高齢の患者さんが10円と間違えてお支払いされたのです。そして、10円と間違えて我々も受け取ってしまいました。

どんな旅をしてきたのでしょうか。もしかしたら、前の持ち主も10円玉と間違えて受け取っていたのかもしれません。なんらかの思い出の品でお財布に入れておいたのかもしれません。しばらくは返却希望がないか待ってみようと思います。

最近、あまりお出かけをしていないのですが、行ってきました。

映画ボヘミアン・ラプソディーです。

伝説のバンド”Queen”のボーカル、フレディ・マーキュリーを描いた伝記映画なのですが、過去に作られた様々なミュージシャンの伝記映画とは一線を画する面白さです。歌のうまさもさることながら、役者のなりきり度がスゴイ。そして、圧倒的熱量の音楽。さながらライブ会場に居るかのごとく体と魂の両方に響いてきました。

まだ上映中のようです。もう一度行きたい名作だと思いました。

そして、またまた行って参りました。

呉海自カレーフェスタ。

このお祭りは海自の29隻の艦艇のカレーを一度に食せる夢のようなイベント!行くしかないでしょう!!

さすがに29種は無理なので、選び抜いての実食。朝一番に行ったにもかかわらず、すでに長蛇の列です。練習艦かしまカレーはすでに長蛇の列。牛タンカレーの人気おそるべし。そこで、かしまは諦めることに。

こんな風に、小盛サイズで食べ歩きしやすいようになっています。最終的には、護衛艦さざなみ、護衛艦かが、護衛艦とね、補給艦とわだ、訓練支援艦てんりゅう、潜水艦うんりゅう、潜水艦けんりゅう、潜水基地隊の計8カレーを堪能しました。さすがに満腹です。

そして、もう一つの目玉の見学です。

そうりゅう型潜水艦じんりゅうです。甲板の上まで歩きました。硬いゴムのようなものに覆われていました。通常型潜水艦の最高峰ともいわれる潜水艦です。興奮しました!!

そして最大の目玉です。

護衛艦かがです。

下から見上げると、ほぼ巨大な壁です。

船内にすごくでっかい旗があったり。

非常識に甲板が広かったり。

そして容量の関係で動画をアップできませんが、巨大なエレベーターで昇ったり降りたり。

何もかもが規格外でした。

艦内の清掃も行き届き、自衛官の朗らかな様子から、まるで軍事兵器であるとは思えませんでした。本来の用途を発揮することなく、平和に存在し続けてほしいですね。

午後からは、大和ミュージアム&海上自衛隊呉資料館に立ち寄って帰りました。充実した1日になりました。